借入れに必要な書類とは?

借入時に必要な書類を紹介

カードローンの審査に通るためには、2種類の書類を提出しなければいけない。

それが「本人確認資料」と「収入証明書」の2つである。
(両方ともコピーでOK)

それぞれ、どのような資料を用意しなければいけないのかをまとめておく。

本人確認資料

本人確認資料とは、その名の通りの資料である。
申し込んできた人、本人かを確認するために必ず必要となる。

本人確認資料に該当するのは以下の3つ。

  • 運転免許書
    住所変更がされている場合は、裡面のコピーも必要。
  • 健康保険証
    申込みをした本人の名前、生年月日、住所がわかるページ
  • パスポート
    写真および住所のページ

これらの書類のうち、いずれか1点のコピーがあればOKとなる。

ただし、上記の本人確認資料の住所が申込み情報や書類と異なる場合は、
以下のいずれかのコピーも合わせて送る必要があることを覚えておこう。

  • 公共料金の「領収証書」
    (電気、都市ガス、水道、電話、NHKのいずれか)
  • 社会保険料の「領収証書」
  • 国税、地方税の「領収証書」「納税証明書」

収入証明書

提出するもう1つの書類として、あなたの収入を確認するための書類が必要となる。
それが収入証明書と呼ばれるものである。

該当する資料としては以下の3つ。

  • 源泉徴収票
    勤務先から交付(再交付)される収入証明書
  • 確定申告書
    直近1期分、収受日付印のあるもの
  • 市民税・県民税額決定通知書
    勤め先または市区町村役場から交付される収入証明書
  • ・所得証明書(または通知書)
    市区町村役場または税務署で取得できる収入証明書

こちらも上記書類のうち、いずれか1点のコピーがあればOK。

なお、収入証明書は50~100万円以上の借り入れを希望する人だけが提出すれば良いという会社もあり、少額であればいらないこともあるのを覚えておいて欲しい。

また、郵送で申し込みをする場合には申込書も同封して送る必要がある。
この場合、申込書はお近くのカードローン会社で手に入れることができる。

ただし、申込書は非常に多い項目を全て手書きで書かなければいけないため、インターネットから申し込みをした方が確実に簡単だと私は思う。