審査について知ろう

審査に通過するには、審査内容を理解すべし!

カードローンを利用するためには、必ず審査に通過しなければならない。

では、カードローンの審査ではどのようなことがチェックされるのかを抑えておこう。

審査は大きく3段階に分けて行われる

  • 信用情報機関での照会
  • 属性スコアリングの設定
  • 在籍&在宅確認

ここで、それぞれの審査内容について詳しく説明していく。

信用情報機関での照会

まず、一番初めに「この人にお金を貸しても大丈夫か?」
ということが審査される。

そこで利用されるのが「信用情報機関」という団体に登録されている情報である。

信用情報機関とは?

信用情報機関は、「個人の信用」を客観的に表した信用情報を収集し、提供・管理する事業を通じて消費者と会員会社であるクレジット会社やローン会社などとの健全な信用取引を支えています。

具体的には、会員会社から登録された信用情報を一元管理し、会員会社からの照会に応じて信用情報を提供することを主な業務としています。

JICCには、信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など幅広い業種が加盟しています。

指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構「信用情報機関とは」より引用

この信用情報機関というのは、あなたがこれまでに借りたお金の履歴や自動車ローン、住宅ローン、作ったクレジットカードの履歴などの情報が登録されている。

また、自宅の住所や勤務先、勤続年数、年収、連絡先などの情報も細かく登録されており、登録してきた情報に誤りがないか?ということも確認できるようになっているのである。

特に過去にどれだけお金を借りたか?返済遅延などのトラブルを起こしていないか?ということがチェックされ、お金を貸す信用が足りるのか?ということが審査されるのである。

そのため、過去にお金を借りていた時に返済遅延を起こしていたり、債務整理などをしていた人は、この時点で審査に落ちてしまう可能性があるということを覚えておいていただきたい。

なお、この信用情報機関の情報は、正式な金融機関であれば、どの会社も確認することができるようになっている。

つまり、過去に三菱東京UFJ銀行から借りていたということを、みずほ銀行やオリックスVIPローンなどが確認をすることができるということである。

「他の会社に申し込むから、過去のトラブルはバレないはず・・・」
ということは決してないため、その点はしっかりと覚えておいていただきたい。

属性スコアリングの設定

信用情報機関の照会によって「貸してもOK」ということがわかったら、
次は「いくらまでなら貸しても良いか?」ということが審査される。

これが属性スコアリングと呼ばれるもので、
わかりやすくいえば、あなたに点数がつけられるということである。

この点数は、勤務先、勤続年数、年収、住居形態、居住年数、家族構成、連絡先など30項目以上から付けられている。

具体的な評価としては以下のような形式となっている。

属性 区分 評価
勤務先 公務員
大企業
中・小企業
自営業
パート・アルバイト
無職 NG
年収 400万円以上
200万円以上~400万円未満
200万円未満
勤続年数 10年以上
5年以上~10年未満 中~高
1年以上~5年未満
半年以上~1年未満
半年未満 NG
住居 持ち家
社宅・官舎・賃貸
公営住宅
連絡先 自宅・携帯電話のみ
自宅のみ
携帯電話のみ
他社からの借入 他社からの借入なし
他社からの借入あり NG~低

実際にはさらに細かく設定されており、合計点数が高ければ高いほど、借りられる可能性や限度額が高くなるという仕組みになっているのである。

このようにスコアリングを設定するのは、貸したお金が返済できなくなったり、夜逃げされるためでもある。

しかし、本当の目的は一番は過度にお金を借りることで、その人の生活が狂い、路頭に迷うのを未然に防ぐためであるということを理解していただきたい。

在籍&在宅確認

一番最後の審査が在籍&在宅確認である。

これは本当にシンプルな審査で「登録した本人が存在しているのか?」ということが確認される。

ここで気になるのが「会社や実家などにバレてしまうのではないか?」という心配であるが、これは一切心配しなくても良い。

銀行系であれば「○○銀行から電話です」ということで、周りの人が疑う余地はないし、消費者金融系であれば、知人を装って連絡が入るため、周りの人に知られる心配はないのである。

この3つの審査に通過できれば、カードローンを使えるようになるのである。

なお、審査に通過するために重要なこととしては、
「登録する情報に嘘をつかないこと」「借りた後はルールを守って返済をすること」

この2点をちゃんと守っていれば、審査には通ることができる。ぜひ、理解しておいて欲しい。