怖いお兄さんは本当に来るのか?

取立てるために押しかけてくるって、ホント!?

最近では、カードローンのイメージもだいぶ変わってきた。

有名芸能人を使ったテレビCMが頻繁に放送されていたり、大手銀行がカードローンサービスを提供し始めたことで、安心できるサービスであると考えられるようになったのである。

とはいえ、未だにネガティブなイメージが残っているのも、また事実。

特に「返済ができなければ、怖いお兄さんが取立てに来る」
というイメージが強く根付いているように思える。

しかし、そのような恐ろしいことが起こることは決してない。

もう一度言おう、
カードローンの返済に滞っても、怖いお兄さんは会社や家には現れないのである!

その理由は、法律で債務回収業務が定められているからです。

定められている回収方法か以下の通り

  1. 登録している連絡先に電話によって連絡
  2. (電話に出ない場合)登録されている住所に郵送で連絡
  3. (1)(2)でも連絡が取れない場合は、自宅か勤務先に訪問する
  4. 最終的に返済ができない、どうしても滞ってしまう場合は、双方が話し合いの上で
    法的な手続き(訴訟・調停・債務整理)を実施する

カードローン会社は必ずこの手順を踏まなければいけない。
逆に言えば、この手順を踏まない会社は業務違反として訴え返すことができるというわけである。

なお、それ以外にも以下のような行為は全て違法となるため覚えておこう。

  • 玄関を叩かれる
  • 家の窓や壁に張り紙が貼られる
  • 暴力行為を受ける
  • 午後9時から翌朝の午前8時までは債権回収業務を行ってはいけない
  • 電話をせず、直接自宅や勤務先に訪問してはいけない
  • 他の金融機関からお金を借りるように誘導・脅してはいけない

このような行為を受けた場合には、すぐに消費者センターに連絡をいれて欲しい。

そうすることで、金融庁からカードローン会社に連絡が入り、債権回収業務に制限がかけられたり、停止となることもあるのである。

債権回収業務の法律については知らない人が多く、「借りたお金を返さない自分が悪い」「周りの人に迷惑をかけるかもしれない」という考えから、問題があっても消費者センターに相談しないケースが多い。

泣き寝入りをしても何も問題は解決されないため、不安を感じたら、すぐにでも消費者センターに連絡をして欲しい。

なお、大手のカードローン会社は、絶対違法の取立てはしてこない。

これは私の個人的な意見だが、違法な債権回収業務をした結果、相手方に訴えられてしまえば会社のブランドに大きく傷がつく。

実際に、一時期テレビCMで人気を博していた武富士やアイフルは違法行為をしたとして、問題となり、一気に社会的な評判を下げてしまった。

このようにブランドに対してネガティブなイメージがつくことは、何億・何百億もの損失を産みかねない。そのため、大手企業は法律に則った業務しか行なわないため、安全だと言えるのである。

ただし・・・これはあくまでも知名度が高い会社の話であり、名前の知られていない街金などがこのような法律を守らないケースがないとはいいきれない。

そのため、急にお金が必要になったからといっても、電柱や公衆電話に貼られているような怪しい金融会社などからお金を借りるのではなく、しっかりとした知名度と基盤のある会社のカードローンを利用することをオススメする。