債務整理について

どうしてもお金を返せない場合は、債務整理という手段を

「どうしてもお金を返すことができない。このままじゃあ・・・」
という人にとって、最後の手段がある。

それが債務整理である。

返済できない人にとっての最終手段である債務整理についてここで説明をしておく。
ぜひ、最後まで読んで頭の片隅にでも入れておいて欲しい。

債務整理とは?

まず、この債務整理とは、借入者とローン会社の間に弁護士や裁判所が入り、債務(借金)に対してどのように対応をすれば良いのかを調整することをしてくれる方法のことである。

具体的な方法としては大きく4つ。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人民事再生
  • 自己破産

借り入れをした人の、借金残高、収入、不動産・自動車・住宅などの財産状況などを踏まえて、どの整理方法をするのがベストかが決められる。

ここで4つの方法について、詳しく説明をしよう。

任意整理

弁護士や司法書士が借入先(ローン会社)と交渉してくれる方法。交渉で減額や金利の免除が成立した場合は、その金額に金利(最大18.0%)をプラスして、3~5年間で返済することになる。

特定調停

簡易裁判所が借入先(ローン会社)と交渉してくれる方法。交渉で減額や金利の免除が成立した場合は、その金額に金利(最大18.0%)がプラスされて、3~5年間で返済することになる。任意整理よりも安くできる。

個人民事再生

財産を処分することなく、借金を大幅に減らして返済していく手続きのこと。100万円以上の場合は、100万円もしくは負債額の2%を原則3年間で返済していくことになる。

自己破産

借金をゼロにする最終手段。しかし、自己破産をすると現金だけでなく不動産、自動車、家、家具など全てが差し押さえられ、没収されることになります。

任意整理と特定調停の違いは?

ここで疑問に思うのが、任意整理と特定調停は何が違うのか?
ということである。

まず、特定調停は公的機関である裁判所が交渉をしてくれるため、費用がかなり安く済む。一方、任意整理は弁護士や司法書士を雇わなければいけないため、費用がそれだけ高くつくことになる。

これだけを聞くと特定調停の方が良いように思えるかもしれないのだが、実際に債務整理をする人の多くが「任意整理」を選ぶのである。

その理由は大きく3つ。

  1. 返済時に過払い金が生じている場合、別途「過払金返還請求訴訟」をする必要があり、これは弁護士や司法書士でなければできない。
  2. 特定調停は調停の日には必ず裁判所まで足を運ばなければならず、仕事などの都合をつけなければいけない。
  3. 特定調停は成立するまでに最低2ヶ月はかかる。また、その間の遅延損害金などを支払わなければいけない可能性もある。

このような理由から任意整理と選ぶ人が増えているのです。

お金がなく、時間がある人は特定調停を、過払い金がある可能性が高い人や、少しでも早く済ませたい人は任意整理を選ぶことをオススメする。

債務整理のメリット・デメリット

返済できなくなった時の最終手段である債務整理であるが、苦しくなったら、すぐに債務整理をすれば良いのか?というと、そういうわけではない。

もちろん、債務整理をすることによってメリット・デメリットは存在する。

まず、メリットとしては

  • 返済額(の負担)を減らすことができる可能性が高い
  • 第3社に返済できる適正な金額を決めてもらえる
  • 債権者からの取立てが止まる
  • 本来払うはずだった将来の利息の免除
  • 払いすぎた利息が戻ってくる可能性もある
  • 家族や会社などへの取立ても禁止される

次にデメリットとしては

  • 個人信用情報機関に債務整理をした過去があることが記載される
  • 返済が全てなくなるというわけではない
  • 5年間はお金を借りることができない
  • 5年間は自動車ローンや住宅ローンを借りれない
  • 5年間はクレジットカードを作れない

これらのメリット・デメリットが挙げられる。

また、これ以外にも見えない部分では様々な影響が出てくる可能性もある。

例えば、家族や周りの人に知られていると、信頼も大きく下がってしまうであろう。
会社に知られてしまうと、仕事に大きな支障が出てしまうはずだ。

仮に自己破産をした場合、全てを再スタートできると言われているが、世の中、そんなに甘くなく、お金も家も何もかも失ったところからの再スタートは本当に厳しい状況である。

ここでデメリットの部分を強めに書くのは、債務整理をしなければいけない状況にまで、お金を借りて欲しくないからである。

借りる前には返済のイメージをしっかり持って、きちんと返しきる。
これがお金を借りる時の最低限のルールであることをしっかりと覚えておいていただきたい。